學部?學科

ホーム>學部?學科>農學部 地域創成農學科

農學部 地域創成農學科

Department of Agricultural Regional Vitalization

農業生産、加工、経営全般にわたる専門的知識と実用的技術を幅広く身につけ、地域社會や國際社會における農業の現狀や課題を的確に捉える能力を養い、食と農の持続的な発展による地域の活性化を通じて、地域創成に貢獻できる人材を育成します。

  • 「食と農」のエキスパートとして地域の創成に貢獻できる人材を養成する
    Blog

    特徴

    淡路島まるごとキャンパス。見て?觸れて?考える、実踐的教育。

    2

    6次産業化に必要な総合的知識が身につく教育プログラム

    一般的な農學部では、農業生産、食品加工、農業経営などの専門分野ごとに複數の學科に分かれていますが、この「地域創成農學科」では、四年間の大學生活の中で、一つの専門分野のみではなく、農作物の生産から食品加工?農業経営まで、農業?食品の一連の流れをすべて學べるカリキュラムとなっています。それは、総合的な知識を身につけた上で、各自の専門とする分野を學習して卒業し、社會で活躍して欲しいという想いが込められているためです。そのために、最初の2年間ですべての分野を一通り學び、3年次以降、その中で一番「面白い!」と思った分野に配屬してより高度な知識?技術を習得する専門教育プログラムを用意しています。

    2

    地域創成を擔うリーダー養成

    地域創成農學科がユニークなのは名前だけではなく、生命科學や食品化學などの理系分野(自然科學)と経済學や社會學などの文系分野(社會科學)が見事に融合した、農學系では日本に一つしかない學科です。理系から文系までの幅広い學術分野を學ぶことで、広い視野と深い洞察力が身につき、卒業後に地域や企業など様々な業界で人々や組織を引っ張っていくリーダーを養成します。

    3

    プロの技に接し學ぶフィールド実習、食農コープ教育

    淡路島は日本でも有數の農業生産地で、玉ねぎやレタス、白菜など數多くのブランド野菜を保有しています。また、溫暖な瀬戸內気候のため一年を通じて作物を作り続けられるので、農閑期がありません。そんな恵まれた環境の中、フィールド実習や食農コープ教育ではプロの農家さんから本物の農業技術を學ぶことができます。

    4

    一流の教授陣、最新の設備

    地域創成農學科の教員は常勤?非常勤ともに大半が國立大學で長年指導を行ってきた一流の教授陣ばかりです。また、開設して間もないのですべて最新の研究?教育設備を導入しています。最高の教員と最新の設備とともに充実した學習環境を約束します。

    失敗は何度あってもいい。そのぶん、うま味はどんどんふえていく

    特集 地域創成農學科のココがオモシロイ!

    • 淡路島ブランド創作料理レシピ集
    • ナルトオレンジ
    • だれもが役割のある活きいきした地域の創生
    • 學科の取り組み 地域密著実踐教育報告書 淡路島がまるごとキャンパス

    農業の生産?加工?経営をトータルに學習

    全體の視點で考え、高度な専門性を発揮して、地域のために行動できる人になろう!

    地域創成農學科では、農産物の生産、加工、流通、消費及び農業経営、農業政策をトータルに學び、それぞれの専門分野に進みます。そして、地域産業全體の調和を図りながら、學んだ専門性を活かして地域の創成に貢獻できる実踐力を備えた人材を育成します。

    農業技術分野

    品質の高い農産物の生産や病害対策など農業の軸となる知識?技術を學びます。

    食品化學?加工分野

    栄養や安全性を踏まえた食品の分析?加工など実踐的な知識?技術を學びます。

    農業経済?経営分野

    食と農に関する経済?経営?政策とその課題解決について総合的に學びます。

    地域創成

    農業の生産?加工?経営全般にわたる専門的な知識と技術を學んだ上で、広い視點に立って地域創成に寄與していくことのできる力を身につけます。

    淡路島がまるごとキャンパス

    豊かな自然と歴史を持つ日本有數の農業生産地で、
    "本物"の農學を學び、學生生活をエンジョイしよう!

    我が國固有の農業生産地である淡路島で本學部が展開する2年間の「フィールド実習」や「南あわじ農業學(施設見學を含む。)」などの教育プログラムは他大學にない特徴であり、"本物"を學ぶことができます。また、「鳴門のうずしお」などの豊かな自然や「人形浄瑠璃」などの伝統文化に恵まれた淡路島で學生生活をエンジョイしましょう。

    植物工場群 2018年3月竣工

    研究內容に合わせた3タイプの植物工場

    植物工場は、完全閉鎖型植物工場(人工光植物工場)と太陽光利用型植物工場とその両者併用型の3タイプとなっています。 完全閉鎖型植物工場(人工光植物工場)では、養液(水耕)栽培(レタスを中心とした葉菜類の栽培)を行います。太陽光利用型植物工場では、養液(水耕)栽培と土耕栽培(イチゴやトマト等の果菜類、いちじくやびわ等の小型果樹類)の栽培を行います。

    新校舎

    植物工場

    新校舎

    植物工場內部

    新校舎

    完全閉鎖型植物工場內部

    PICK UP

    平成29年度私立大學研究ブランディング事業に選定

    農學部が中心となっている事業「エコ農業ブランディングによる発展的地域創成モデルの形成」が文部科學省平成29年度「私立大學研究ブランディング事業」に選定され、2017年からの5年間、文部科學省の支援を受けて、事業を進めています。
    今後はこの事業を通じて、南あわじ市と本學のブランドを全國に発信し、さらに公開講座やシンポジウムのより一層の充実を予定しています。
    この事業の中では、教職員そして學生さらに地域の方々と12の課題について取り組んでいます。

    主なカリキュラム

    1年生

    寫真:授業風景

    フィールド実習Ⅰ

    農業の入口に立ち、基本を身につける実習です。學外にある農場でイネ、大豆のほかさまざまな作物を栽培し、種まきや苗の植え付けから収穫、出荷まで體験します。また、地元の畜産農家の見學と実習を通して、飼育?管理の基本を學びます。
    寫真:授業風景

    食の安全學

    將來、食の生産に攜わる者が身につけておくべき心構えと基礎を學ぶ授業です。人の命を支える食の重要性と、その食の生産に関わることの責任 の重さを理解し、食の安全性を守るために必要不可欠な知識と技術を習得します。
    寫真:授業風景

    地域創成農學概論

    地域創成農學科の複數の教員が、それぞれの研究分野に基づくテーマで講義を行うオムニバス形式の授業です。新たな「農業生産と食品加工技術」を基盤に、淡路と日本の地域社會を活性化させる方法を、さまざまな視點から考えます。

    全學科共通カリキュラム修得

    • フィールド実習Ⅰ
    • 基礎演習Ⅰ?Ⅱ
    • 地域創成農學概論
    • 食の安全學
    • 生物の進化と多様性
    • 遺伝學概論
    • 生物學実験
    • 家畜とその飼養管理
    • 野菜園蕓學
    • 栽培學概論

    2年生

    全學科共通カリキュラム修得

    • フィールド実習Ⅱ
    • 基礎演習Ⅲ?Ⅳ
    • インターンシップ
    • 植物病理學
    • 植物細胞生理學
    • 土壌肥料學
    • 植物育種學概論
    • 食品加工化學
    • 栄養化學
    • 微生物學
    • 食品衛生學
    • 経済発展と農業問題
    • 農業経済學
    • 農業経営學

    3年生

    寫真:授業イメージ

    寫真:授業イメージ

    • 地域創成農學演習Ⅰ?Ⅱ
    • 食農コープ実習
    • 化學実験
    • 農薬學概論
    • 農産プロセス工學概論
    • 施設栽培?植物工場論
    • 家畜の構造と病気
    • 乳製品加工學
    • 食品保蔵學
    • 醗酵微生物學
    • 食品機能分析化學
    • 農林事業者の知的財産法
    • 農業計算學
    • 農産物貿易論
    • フードシステム論

    4年生

    寫真:學生

    • 地域創成農學演習Ⅲ?Ⅳ
    • 植物バイオテクノロジー概論
    • 総合防除管理學
    • 農産物加工學
    • 地域マネジメント論
    • 食品安全の経済學
    • 卒業論文

    學科目標

    • 教養教育を身につける
    • 農業技術
    • 農業経済?経営
    • 食品化學?加工
    • 「食と農」のエキスパートとして地域の創成に貢獻できる人材を養成する

    施設と教育プログラム

    植物クリニックセンター

    學內に植物病蟲害の防除を目的としたクリニックセンターを開設。病中害の診斷?防除技術や耐病性品種づくりの研究開発を行い、地域の農業に貢獻します。

    地域連攜センター

    本學の知識や技術を積極的に活用し、地域社會に貢獻するため地域と本學部の連攜を目的として設置。共同研究、公開講座や産學連攜なとの地域交流を実施しています。

     

    食農コープ教育

    教室での座學に加えて、農?食の生産、加工、流通経済や行政などにおける就業體験科目を課し、農食産業現場における課題解決のための実踐力を身につける教育プログラムを備えています。

    インターンシップ

    企業や行政など実社會の中での実習を通して、社會人としての基礎知識や自らが考え行動できる能力を身につける教育科目を設けています。

    進路?資格

    寫真:イメージ

    就職に活かせる、卒業までに身につく力

    農?食における生産?加工?経営の全般にわたる見識と専門的な知識?技術

    ①生産分野(栽培?育種學や植物保護學)、②加工分野(食品化學や食品加工)、③経営分野(農業経済學や農業経営學)を學び、生産?加工?経営の全般にわたる見識と専門的な知識?技術を身につけます。

    地域創成への貢獻力

    地域社會や國際社會における農業の狀況を的確にとらえ、社會における各分野の役割を尊重し、卒業後のそれぞれの立場から他分野との調和を図りながら、地域産業の振興など地域活性化?創成に貢獻できる人格と能力を養います。

    目指す進路

    公務員、農協?酪農協、農業法人、製造業、流通関係(卸売?小売)、農林水産業、サービス業、起業、研究職など

    取得できる資格

    食品衛生監視員

    食品衛生監視員は、全國の主要な海?空港の検疫所において、輸入食品の安全監視及び指導(輸入食品監視業務)、輸入食品等に係る微生物検査と理化學検査(検査業務)、検疫感染癥の國內への侵入防止(検疫衛生業務)の業務に従事しています。

    食品衛生管理者

    食品衛生管理者は、特に衛生上の考慮を必要とする食品(ソーセージやハムなどの食肉製品、加糖粉乳や調製粉乳などの乳製品など)の製造及び加工業務に従事しています。その他に、高度な食品衛生の知識を活かし、食品関連會社への活躍が期待されています。

    學科紹介動畫


    南あわじ志知キャンパスの特色ある學生サークル活動

    食品加工サークル

    淡路島の野菜や果物を使った商品開発や、地域のイベント、學園祭、クリスマス會などの露天出店や振る舞い、學內カフェの運営など、多岐に渡って、先輩や地域の方と楽しく活動中!!

    狩部?チーム追山

    南あわじ市の害獣駆除を目的に、狩猟解禁日から、ワナを仕掛け、獲物を解體し、肉を食品サークルや研究用に提供。ジビエ料理を地域のイベントで出店しています。初心者でも大丈夫です。先輩たちが丁寧に教えてくれます!


    メッセージ

    學科長からのメッセージ

    淡路島から始まる、あなたと地域の未來。ここにしかない農?食の學びが待っています。

    「地域創生(創成)」が日本の重要な政策であることをご存じだと思います。地域創成農學科は、この政策が立てられる前に、食と自然の寶庫と言われる淡路島に設立された旬の學科です。本學科は、文字通り、農?食産業を基礎とした地域社會の創成と活性化を擔うリーダー的人材の養成を目標としています。農業の6次産業化に求められる生産、加工、経営分野の知識と技術、さらに研究能力、技術開発力を身につけ、國の內外を問わず、活躍できる人材を育むための教育プログラムを備えています。私たちは、學生とともに考え、體を動かし、一人ひとりの能力を最大限に引き出してまいります。キャンパスのある南あわじ市の支援も絶大です。豊かな自然と人情味、そして歴史文化のロマンあふれる淡路島で學び、青春を謳歌し、自己の未來を切り拓いてください。

    學科長 谷坂 隆俊

    寫真:學科長

    教員から受験生の皆さんへのメッセージ

    • 人類の生存基盤を支える品種改良、土壌改善、水質改善に親しんでみませんか?(學部長?學科長 谷坂)
    • 淡路島は日本でも屈指の農業生産地域です。タマネギ、レタスやイネ、果樹などの栽培が盛んです。農作物の病気をより確実かつ安全に防ぐ方法を一緒に考え、研究しませんか?(教授授 石井)
    • グローバリゼーションの進行に伴い農産物貿易の自由化が加速化して國際競爭が激化することが予想されます。兵庫県を代表する淡路島の農水産業を成長産業にするための勉強を一緒にしませんか。(教授 加古)
    • 今日、日本をはじめ世界の農業を取り巻く課題はたくさんあります。學際的な視點から問題の所在を考えてみましょう。(教授 末吉)
    • 淡路島の地域農業から世界を見據えて勉強してみませんか?(準教授 濱島)
    • 大學でやりたいことが決まっている人も、まだ何がやりたいか決まってない人も飛び込んできてください。地域創成農學科の教員が、學生一人ひとりにあった教育を提供します。(準教授 平井)
    • 世の中には自分と異なる多様な価値観があります。大學でいろいろな人と関わり、農業についてもさまざまなとらえ方があることを學んで、自分の進みたい道を選びとってください。(準教授 森野)

    各分野の著名な教授陣が學生一人ひとりの目線に立って、皆さんの學修を誠心誠意支援いたします。
    國內有數の農業生産地である淡路島をキャンパスに伸び伸びと學んでみませんか?

    ※クリックすると詳細をご覧いただけます。

    寫真:學部長 谷坂 隆俊

    植物改良に関わる遺伝研究/土壌改善による多収穫栽培技術の開発/水質改善技術の開発

    學部長?學科長?教授 谷坂 隆俊/たにさか たかとし(京都大學名譽教授)

    専門分野:植物育種學、植物遺伝學、分子生物學

    寫真:教授 相野 公孝

    植物病理學/土壌微生物學/バイオコントロール

    教授 相野 公孝/あいの まさたか

    主な擔當授業科目:植物病理學、総合防除管理學

    寫真:教授 末吉 秀二

    アラブ?イスラーム社會の出生規範/小地域社會を対象とした將來人口推計/南あわじ市の第一次産業従事者の生業戦略

    教授 末吉 秀二/すえよし しゅうじ

    専門分野:地域人口學、生態人類學、國際保健學

    寫真:準教授 森野 真理

    生態系サービスの評価に関する研究/生物多様性の保全に関する意識分析/獣害防除を意図した里山?農地管理システムの構築

    教授 森野 真理/もりの まり

    専門分野:森林保全管理學、地域環境保全學

    寫真:準教授 濱島 敦博

    農産物の海外輸出に関する研究/産地形成に関する史的研究/取引制度の形成過程に関する理論的研究

    準教授 濱島 敦博/はましま あつひろ

    専門分野:農業経済學、開発経済學、アジア経済論

    寫真:準教授 檜原 健一郎

    植物サイズを制御する遺伝子の研究/
    ソルガム種子の遺伝學的研究/
    柑橘種子に関する研究

    準教授 檜原 健一郎/ひばら けんいちろう

    主な擔當授業科目:植物バイオテクノロジー概論、分子生物學、フィールド実習I、II

    寫真:準教授 氷見 英子

    イネ科植物の種子休眠メカニズムの解明に関する研究

    準教授 氷見 英子/ひみ えいこ

    専門分野 植物遺伝育種學

    主な擔當授業科目:遺伝學、生物の進化と多様性

    寫真:準教授 平井 順

    沖縄の地域社會の住民自治活動/軍用地の存在と人々の生活/瀬戸內?中國山地の第一次産業の可能性

    準教授 平井 順/ひらい じゅん

    専門分野:地域社會學、社會調査論

    寫真:助教 許 沖

    閉鎖型植物工場に適応する農作物の研究/
    開放型植物工場に適応するトマトの育種/
    植物工場を利用して農作物の栽培に関する研究

    助教 許 沖/きょ ちゅう

    主な擔當授業科目:基礎演習、フィールド実習


    出張講義

    吉備國際大學では出張講義を行っております。出張講義をご依頼の方はこちらからお問い合わせください。

    進學説明會カレンダー

    ホームページや大學案內では分からない「アナタの疑問」に入試広報スタッフがお答えします!
    是非、ご來場ください!

    OPEN CAMPUS 2015 1日吉備大生を體験!キビコクの魅力を體感しに來て下さい!

    ページの先頭へ
    国产人妻熟妇在线视频